船橋市の相続・遺言・不動産名義変更・遺産分割の相談窓口はこちら(船橋駅北口徒歩2分)

ご相談のお電話・面談、出張相談のご予約はこちら

Q&A

 相続する分配の割合(法定相続割合)を教えて下さい。

 

 父死亡し、母、長男、長女(または長女の夫、その子ら)が相続する場合。

 

以下に【事例】を用いて相続する割合を説明します。

関係110

【事例1−1】父死亡

 

クローバー

母(1/2)、長男(1/4)、長女(1/4)の割合で相続

関係120

【事例1−2】父死亡したが、それ以前に長男が死亡

 

クローバー

母(1/2)、長女(1/2)の割合で相続

関係130

【事例1−3】父死亡したが、その後に長男が死亡

 

クローバー

母(3/4=父分1/2+長男分1/4)、長女(1/4)の割合で相続

関係210

【事例2−1】父死亡したが、それ以前に長女が死亡

 

 

クローバー

母(1/2)、長男(1/4)、長女の孫a,bは各々(1/8)の割合で相続

【事例2−2】父死亡したが、その後に長女が死亡

 

クローバー

母(1/2)、長男(1/4)、長女(1/4)の部分は、その夫(1/8)、孫a,bは各々(1/16)の割合で相続

★簡易な事例により、説明しております。ご不明点等はお問い合わせ下さい。★

 

 相続する分配の割合(法定相続割合)を変更することはできますか?。

 

 前記の例で、例えば、母に全財産を相続させる場合には、相続割合を受ける人達全員で、「遺産分割協議書」を作成して下さい。

 

 

 自宅(不動産)しか相続財産はありませんが、自宅を売って分けなければいけませんか?。

 

 不動産は、相続人ひとりの「単独名義」でも、相続人複数名での「共有名義」に変更することができます。従いまして、必ずしも、売却して(現金を)分ける必要はありません

 

 

 


 
TOP 不動産の名義変更 遺言・生前贈与 相続財産管理 成年後見 報酬・費用 事務所アクセス